Putin visit to Japan

プーチンとの会談内容が、あまり国民に知られたくないような内容の場合は、豚インフル患者が国内に増加してプーチン関連の記事がトップに来なくなるように調整されるかも知れない。

今回の訪日の焦点は北方領土問題らしい。
例の画期的な3.5島返還ってのが進展するかどうか。

潜水艦通路である択捉水道をロシア領と確定する3.5島返還だと、国防族議員は面子丸潰れだが、ロシアと組んでボロ儲けしたい派閥にとってはウハウハになる。

3.5島返還は、金儲けのために、国防上の重要拠点を引き渡す悪魔の取引だが、実現すれば好景気の材料になる。

しかし、それがトップニュースになって、各方面からマジにコメントされると、3.5は国を売って金を儲ける悪魔の取引だというコメントをつけるところもいくつかは出てくるだろう。

それだと政府というか、自民党や公明党は困るので、3.5島返還が進展するようなら、むしろプーチン来日の扱いは小さくなると思われる。

そういう情報操作をするためには、プーチン来日の扱いを小さくしても不自然じゃないぐらいの事件がおきないといけない。

小学校に乱入して児童虐殺とか、歩行者点国で無差別殺人とか、そのくらい派手なのがいいだろうけど、そこまで派手だと盛大なのは良いが、終わらせるのに手間がかかる。

今ある諸条件を考えると、豚インフルエンザの患者が国内で発生するというニュースが、影響度でも切り上げる際のコントロール性でもベストであるように思われる。

プーチン来日と合わせて患者が発生し、プーチンが帰るのに合わせて、実は大丈夫でしたとか、隔離したからもう広がりませんと報じれば、実に効率よくプーチンがトップに来ないように出来る。

逆に普通にプーチン来日がトップに来て、3.5島の話題が出ないようなら、それはプーチンとの間の折衝が進まなくて、日本の金をロシアに突っ込む話はまとまりませんでしたということになるのではという気がする。

■プーチン露首相、きょう来日…北方領土問題など協議へ
(読売新聞-05月11日01:02)